fixedstyleロゴ

ピストバイク初心者 パーツやトリック、カスタムのことなら【Fixed Style】

ピストバイク入門

ピストについて

投稿日:2010年4月20日 更新日:

ピストについて

ピストとは?

トラックレーサーやピストバイクとも呼ばれトラックレースに使用される競技用の自転車のことです。見た目、構造などはロードバイクととても似ているところが多いです。そんな中、特にピストバイクの大きな特徴は3つあります。

単速ギヤ

単速ギヤ
単速ギヤ

シングルスピードと呼ばれることもあり変速機がない自転車。BMXやビーチクルーザー、安価なシティサイクルなどもシングルスピードの仲間です。

固定ギヤ

固定ギヤ
固定ギヤ

FIXEDGEARとも呼ばれ三輪車と同じようにペダルを逆に回せばバックもできてしまうと言うようにギヤが空回りしなく固定されてるのです。そのかわり坂道とかで普通の自転車みたく足をとめて下ることができず、ペダルを常に回し続けないといけないのです。

ブレーキがない

ブレーキレス
ブレーキレス

ピストは本来競技用に作られたものなのでブレーキはなく、ブレーキを取付ける穴や土台もないんです。完成車で売られているものにはちゃんと付いていますよ。

止まるときはペダルを逆に踏んで減速して止まる。その他にはスキッドといってペダルの回転を足でロックさせ滑って止まる方法もあります。

どちらの止まり方も制動距離が長いので「ブレーキ」としての役目をあまり果たしません。
公道を走る時はブレーキを両輪にしっかりつけましょう!

ピストの魅力

独特な操作性

トリックしている外国人

ピストには固定ギヤ特有の持ち味があり、ペダルを踏んだ力がほぼそのまま車輪に伝わるので、とてもダイレクトな踏み味があります。ロードバイクなどでは味わえない感覚です。その操作性の面白さからBMXのトリック的な要素もありなおかつ移動手段としても使えスピードが出るというところもピストの魅力の一つでしょう。公園とかでピストの練習しているのを見かけたことありますよね?まさにトリックの練習です。

元は競技用の自転車

競技用

ピストはもともと競輪選手がトラック競技に使われている自転車です。競技用なので重量は7~8kgと非常に軽く、速く走れてシンプルな作りため壊れにくくメンテナンスがしやすいとなどからニューヨークのメッセンジャーがピストを利用しはじめた理由の一つでもあります。それから今では町で乗っている人も増えてきました。

カスタマイズ

カスタマイズ

パーツなどの種類、色などが豊富でバイクに比べると安く購入でき、手軽にカスタマイズできるところも流行のポイントでしょう。免許もいらないで軽いギヤ比でも30~40km/hでるんですから原付顔負けですね。

経済性

基本的には自転車なので交通費がかからなく、有料駐輪所に停めても1日100円前後と非常に経済的です。今の時代何かとエコが流行っていますし、体を動かし健康面でも自転車はよいですね。

ピストの欠点

急ブレーキがかけにくい(急に止まりにくい)

ピストはブレーキを付けても普通の自転車に比べ止まりにくい作りになっています。ブレーキなしや高速走行時のときはさらに止まりにくくなります。

ペダルが回り続けること

固定ギヤでない普通の自転車みたく坂道などをペダルの回転を止めて惰性で走ることができません。走り出したら止まるまでペダルを回し続けなければいけないのです。

ピストは止まりにくい自転車「ピスト=危険な自転車」ということを頭に入れておきましょうね。

-ピストバイク入門

関連記事

フレームサイズ

フレームサイズの基礎知識

フレームサイズとは簡単に言うと自転車の大きさのことです。 ピストバイクもちろんスポーツサイクル全般も含め、フレームサイズを乗る人の体格に合わせてはじめて気持ちよく走ることができます。フレームサイズが合 …

ピストの乗り方

ピストバイクの乗り方

ピストバイクとシティサイクルの大きな違いは固定ギヤというところです。それから乗車姿勢、視野、乗り心地速度など同じ自転車なのに大きく違います。 初めてピストに乗ると全く違う乗り物のように感じる人が多いと …