fixedstyleロゴ

ピストバイク初心者 パーツやトリック、カスタムのことなら【Fixed Style】

ピストバイク入門

フレームサイズの基礎知識

投稿日:2010年4月20日 更新日:

フレームサイズ

フレームサイズとは?

フレームサイズとは簡単に言うと自転車の大きさのことです。

ピストバイクもちろんスポーツサイクル全般も含め、フレームサイズを乗る人の体格に合わせてはじめて気持ちよく走ることができます。フレームサイズが合ってないと本来持っている自転車の性能を引き出すことができません。ピストな自転車ライフを楽しむには適切なフレームサイズを選ぶことが大切なのです。

フレームサイズの目安

フレームサイズは一般的にシートチューブの長さで表記されます。この数値がサイズ選びの目安になります。その他にはトップチューブの長さでも目安にすることができます。

※記載している数値はすべてホリゾンタルフレーム(トップチューブが地面と平行になっているフレーム)の場合です。

適正身長 シートチューブ長さ
[C-T]
シートチューブ長さ
[C-C]
トップチューブ長さ
[C-C]
155cm~160cm 470mm 455mm~460mm 470mm~495mm
160cm~165cm 490mm 475mm~480mm 490mm~515mm
165cm~170cm 510mm 495mm~500mm 510mm~535mm
170cm~175cm 530mm 515mm~520mm 530mm~555mm
175cm~180cm 550mm 535mm~540mm 550mm~575mm
180cm~185cm 570mm 555mm~560mm 570mm~595mm
185cm~190cm 590mm 575mm~580mm 590mm~615mm

シートチューブ長さ:C-T(Center-Top)

シートチューブ長さ:C-T

ボトムブラケットの中心(Center)からシートチューブの天辺(Top)までの長さを表します。一般的にピストではフレームサイズといえばこのシートチューブをC-Tで測った長さのことを表すことが多いです。

シートチューブ長さ:C-C(Center-Center)

シートチューブ長さ:C-C

ボトムブラケットの中心(Center)からトップチューブとの接合点の中心(Center)までの長さを表します。Dの部分の長さ(C-CとC-Tの差)は大体10mm~15mm程度に設計されることが多いです。

トップチューブ長さ:C-C(Center-Center)

トップチューブ長さ:C-C

ヘッドチューブとトップチューブとの接合点の中心(Center)から、シートチューブとトップチューブとの接合点の中心(Center)までの長さを表します。Fの部分の長さ(シートチューブ長さ[C-C]とトップチューブ長さの差)は大体0mm~25mm程度に設計されることが多いです。

その他の目安

股下寸法による目安

股下寸法
股下寸法 シートチューブ[C-T]
725mm~775mm 480mm
775mm~825mm 510mm
825mm~875mm 540mm
875mm~925mm 570mm

股下寸法に対するフレームサイズ(シートチューブ[C-T])の目安を決める方法もあります。自転車で言う股下寸法は、素足の状態で足を15cmぐらい開いて股から床までの距離のことを言います。

実際に乗ってみる方法

実際に乗ってみる方法

トップチューブの真ん中あたりにまたがり、トップチューブと股の隙間が大体1~3cm程度あると適切と言われています。

フレームの大きさによる特徴

外観

A

フレームサイズが大きくなるほどヘッドチューブに結合されているトップチューブとダウンチューブの間隔(Aの幅)が広くなる傾向があります。フレームサイズが500mmぐらいまでは隙間なく結合され、それより大きくなると大きさに比例して間隔も広くなります。

操作性

フレームサイズが小さいと低速で大きくハンドルを切った時、つま先がフロントホイールに当たってしまうことがあり操作性が悪くなります。フレームサイズがだいたい550mm以下だと当たりやすくなります。

-ピストバイク入門
-

関連記事

ピストについて

ピストについて

トラックレーサーやピストバイクとも呼ばれトラックレースに使用される競技用の自転車のことです。見た目、構造などはロードバイクととても似ているところが多いです。そんな中、特にピストバイクの大きな特徴は3つ …

ピストの乗り方

ピストバイクの乗り方

ピストバイクとシティサイクルの大きな違いは固定ギヤというところです。それから乗車姿勢、視野、乗り心地速度など同じ自転車なのに大きく違います。 初めてピストに乗ると全く違う乗り物のように感じる人が多いと …