fixedstyleロゴ

ピストバイク初心者 パーツやトリック、カスタムのことなら【Fixed Style】

カスタマイズ

コグ交換

投稿日:2012年2月27日 更新日:

コグ交換とは?

コグを交換する場合は主にギヤ比の変更をする時に交換します。
クランク側のチェーンリングを変更してもギヤ比は変えられますが、比較的安価で購入できるコグの交換が一般的です。

今より重くしてスピードが出るようにしたい!非常に軽くしてトリック系ピストのセッティングにしたい!など乗り味が変わるセッティングの基本カスタムになります。
ピストはギヤ1速なので気軽にシフトレバーでギヤを変更などといきません。慎重にギヤ比をえらびましょう。
また大幅にギヤ比を変更した場合、チェーンの長さ調整も必要になることを考慮しておきましょう。

※当ページでの作業を行う場合、自己責任でお願い致します。作業に伴う事故、怪我、破損などの発生については 一切の責任を負いません。

必要な道具

  • ロックリング回し
  • スプロケット回し
  • レンチ
  • プラスチックゴムハンマー
必要な道具
必要な道具

ロックリング回しとスプロケット回しは必須工具です。今回は「W-BASE」さんオリジナルのロックリングとスプロケットが外せる一体型の工具を使います。
この工具はコンパクトですが、出来れば力がかけやすい柄が長い物をオススメします。
レンチはホイールを外すために使い、ゴムハンマーはコグ回しが回らない時に使うものです。

コグ交換の仕方

ホイールを外す

ホイールを外した状態から解説しています。
ホイールの外し方について詳しくはこちら
青字がロックリング赤字がコグです。

工具をセット

まずはロックリングから外していきます。
ロックリングの溝にロックリングまわしの先をしっかりと噛み合わせます。

ロックリングをゆるめる

ロックリングはタイヤの進行方向と同じ方向に力をかけるとゆるみます。

ゴムハンマーでゆるめる

柄が短く、うまく力がかけられない場合はゴムハンマーで少しずつ叩いてみるとよいでしょう。

ロックリングがはずれました

無事ロックリングを外すことができました。
続いてスプロケット(コグ)を外します。

コグを回す

工具に付いている短いチェーンをこのようにコグに巻き付け、タイヤの進行方向とは逆に力をかけると緩みます。

ゴムハンマーを使う

ここでも力がうまくかけられない場合はゴムハンマーを使って少しずつ叩いてみるとよいでしょう。

外れたハブ

コグを取り外すことができました。コグが付けられるハブはこのようにネジ部分が「段」になっています。
フリーハブ専用は段になっていないので注意。
詳しくはこちら

コグをしめる

新しいコグをハブにセットして、また工具を使って締めていきます。
今回は新しいコグが無いためまたさっきのコグを装着します。
コグをしめる時はタイヤの進行方向を同じ方向に力をかけます。
バックを踏んだ時などコグには相当な力がかかるのでフルパワーでしめて下さい。

ロックリングをしめる

コグをしっかりしめ込んだら、ロックリングをハブにセットしてしめ込みます。
ロックリングはタイヤの進行方向と逆に力をかけるとしまります。これもフルパワーでしめ込んで下さい。

コグ装着完了

コグの交換が完了しました!
コグ・ロックリングのしめが甘いとバックを踏んだり、引き足を使って強い力をかけた時に、ガクっとコグがずれる事があります。
ハブやコグのネジ部をダメにしてしまう可能性もあり危険ですのでしっかりしめ込んで下さい。

-カスタマイズ
-

関連記事

チェーン交換

チェーン交換

チェーンを交換するタイミングはたくさんあります。 劣化やサビなどで異音がする、カラーチェーンやスペックUPのため、ギヤ比を変更に伴いチェーンの長さ調整が必要になってしまったなどチェーン交換はカスタムや …

ハンドル交換

ハンドル交換

ピストカスタムの第一歩!ハンドルを交換して見た目、乗り心地など大きく変化するカスタムの一つ。 トリック系、ストリートな雰囲気を出したければライザーバーに、スピード重視ならドロップやブルホーンなどがおす …

ブレーキのカスタム

ブレーキのカスタム

ピストバイクに興味がある、好きな人は何と言っても「シンプルさ」だと思います。ブレーキレバーやブレーキキャリパーが無い走るだけに特化したフォルムは美しいですよね。 しかし、公道を走る時は前後ブレーキは装 …

スレッドステム交換

スレッドステム交換

見た目、ブランドなど交換する理由は様々だと思いますが、 ステムの交換で大きく影響するポイントはライディングポジションになります 前傾姿勢をキツくしたい!乗り心地重視に楽な姿勢で乗りたい! そんな調整を …

ペダル交換

ペダル交換

好きなデザイン、タイプなどに交換し、乗り味、見た目などのカスタムができます。 走りメインだったり、競輪フレームなどにはトラックペダルがマッチ! トリック系やストリートルックスには踏み代が大きなフラット …