fixedstyleロゴ

ピストバイク初心者 パーツやトリック、カスタムのことなら【Fixed Style】

パーツ

ハブの基礎知識

投稿日:2010年4月20日 更新日:

ハブとは?

ハブとはホイールの中心部分に付いているもので、フレームに取り付ける部分のことです。。スポークを付ける穴が多数あり回転するようになってます。

種類

ハブにはフリーハブ、クイックリリースハブなど他にもいろいろな種類があります。ここではピストに使われているトラックハブ(ピストハブ)を紹介します。

トラックハブにはフリーホイール機能が付いていなく、コグ(固定スプロケット)を片側または両側に取り付けるためのネジが切られています。フロントには特に特徴はありません。

両切り

両切り
両切り

コグを左右に取り付けられるタイプ。歯数の違うコグを取り付けホイールを左右反転させることでギヤ比を簡単に変えられることができます。 完成車で買うと片側にフリーギヤが付いていることが多いです。

固定用とフリーギヤ用の違い

それぞれネジの切り方が違うので、例えばフリーギヤ用に固定のコグを付けることはできません。

右の写真のように固定用ではネジの部分が段になっていてその部分にロックリングが装着できるようになっています。逆に左の写真のようにフリーギヤ用ではロックリングが必要ないので、段になっていなくギヤだけ付けられるようになっています。

固定用
固定用
フリーギヤ用
フリーギヤ用

片切り

片切り
片切り

コグを片側(右側)のみ取り付けられるタイプ。

フランジ

フランジとはスポークの取り付け穴が並んでいるつばのことです。穴の位置が高くなるほどフランジの外径も大きくなり、その分スポークが短くできるので横方向の剛性にも強くなります。

大フランジ(ラージフランジ)

大フランジ
大フランジ

フランジの外径が大きいタイプ。大きくなったフランジに軽量化のため肉貫されているものもあります。ピストでは大フランジが使われていることが多いです。

小フランジ

小フランジ
小フランジ

フランジの外径が小さくスポークを取り付ける最小限のスペースしかないフランジ。もちろん大フランジより軽いです。ほとんどの自転車は小フランジが使われています。

規格

ロックナット間長さ(エンド幅)

ロックナット間の長さ

ロックナット間の長さはフレームでいうエンド幅の長さのことです。この数値がエンド幅と合わせないと取り付けできません。

シャフト径(車軸径)

シャフト径
8mm軸
8mm軸

ハブのシャフト(車軸)をつかむ部分の幅に合わせたシャフト径でないと装着できません。

ロックナット間長さ(エンド幅)とシャフト径(車軸径)のサイズ

  新品、一般的なフレーム用 中古、古いフレーム用
ロックナット間長さ(フロント) 100mm 100mm
ロックナット間長さ(リヤ) 120mm 110mm
シャフト径(フロント) 9mm 8mm
シャフト径(リヤ) 10mm 8mm

上の表のようにハブの規格は一般的なフレーム用と古いフレーム用の2種類に分かれます。フレームに合ったハブを選びましょう。

スポーク穴

ハブの左右のフランジにはスポークを取り付ける穴が等間隔に空いています。

ピストで使われるハブのスポーク穴数は28、32、36個があり、ピストでは32個が多く使われています。穴の数が多いほどスポークの本数もそれだけ多くなるので強度が増すが重くなります。単位は28個ならば28Hと表記されます。

ハブの選び方

ハブを購入するということはホイールを組むということになるので、ハブのスポーク穴数とリムのスポーク穴数をそろえましょう。スポーク穴数はハブ、リム共に種類が多い32Hがオススメ。軽量化重視ならば28Hで小フランジのハブがよいと思います。

-パーツ
-

関連記事

ボトムブラケット(BB)の基礎知識

ボトムブラケットとはクランク軸をスムーズに回転させるためにベアリングが内蔵されていて、なおかつクランク軸をフレームに固定する役目を持っています。 ボトムブラケットは略して”BB”と呼ばれることがありま …

リムの基礎知識

リムとはホイールの一部でタイヤが装着される部分のことを言います。ハブとスポークを組み合わせてホイールが出来上がります。 クリンチャーリム クリンチャータイヤ用のリム。タイヤのビートが引っかかるように爪 …

ホイールの基礎知識

クリンチャーホイール クリンチャータイヤを装着できるホイール。タイヤのビートを引っかけるための溝があります。 チューブラーホイール チューブラータイヤを装着できるホイール。クリンチャーリムと違い、接着 …

チューブの基礎知識

チューブのサイズはタイヤに表記されたサイズを同じものを使用します。チューブは空気を入れるとある程度伸びるので、1つのチューブで数サイズのタイヤ幅に対応しています。例(700×23-28Cなど) チュー …

チェーンの基礎知識

ローラーチェーン 一般的にほとんどの自転車に使用されているチェーンです。ローラーチェーンは外側プレート、内側プレート、ローラー、ピン、ブッシュ(ピンを通す筒)で構成されています。外側プレート2枚、内プ …