fixedstyleロゴ

ピストバイク初心者 パーツやトリック、カスタムのことなら【Fixed Style】

カスタマイズ

スレッドステム交換

投稿日:2016年3月26日 更新日:

スレッドステム交換

ステム交換をする理由

見た目、ブランドなど交換する理由は様々だと思いますが、
ステムの交換で大きく影響するポイントはライディングポジションになります

前傾姿勢をキツくしたい!乗り心地重視に楽な姿勢で乗りたい!
そんな調整をしてみたい方、是非挑戦してみてください!

今回はフレームサイズが少し小さく前傾姿勢が辛いので
乗り心地重視のステムへ変更していきます。

※当ページでの作業を行う場合、自己責任でお願い致します。作業に伴う事故、怪我、破損などの発生については 一切の責任を負いません。

必要な道具

  • 六角レンチ
  • プラスドライバー
必要な道具
必要な道具

スレッドステムを取り外す時は基本「六角レンチ」があれば
交換はできます。
ただステムを取り外す際にブレーキレバー、グリップを外す必要がある為、 ブレーキレバー取り外しにプラスドライバーが必要になる場合があります。

スレッドステム交換の仕方

現状ステム

今取り付けられているステムがこちら。
角度がキツくステム長さが短いので高さ調整してもあまり変化がありません。

NITTOの新ステム

そこで今回はこのステムに交換したいと思います!
ステム長さは長め、突き出しは短く、角度も並行になります。
ライディングポジションとしてはハンドル高さが上がり、 突き出しが短くなるので手前にくる感じです。

グリップを外す

ステムを取り外す前にフロントブレーキ側のハンドルグリップ、
ブレーキレバーを予め外しておきます。

六角レンチでステムを緩める

早速ステムを取り外しにかかります。
ステム上部のボルトを六角レンチで緩めます。

ステムを引き抜く

ボルトを緩めたらステムを引き上げます。
固着していたり、なかなか抜けない場合はフロントホイールを
股で挟みハンドルを左右にひねりながら力をかけると引き抜きやすいです。

取り外したステム

サビが酷くて抜くのに苦戦しましたが、ステムが無事抜けました。

ハンドルの取り外し

続いてステムからハンドルを外します。
ステム突き出し先端のボルトを同じく六角レンチで緩めます。

ピストハンドルとスレッドステム

ステムからハンドルを外すことができました。
片方だけグリップとブレーキレバーを外しておけばひとまず外せるので
無駄がなくなりますね!

スレッドステムの比較

旧ステムと新ステムの比較。
大分ライディングポジションが変わりそうですね!
それにしてもサビがひどいです。。

新ステム装着の様子

早速仮留めで新ステムを取り付けてみました。
ハンドル高さと突き出しが短くなって大分て手前によりました。

ビフォーアフター

元の画像と比較するとハンドル一つ分、高さと手前に寄った事がわかりますね!

正直元の方が見た目は好きでしたが乗り心地のためという事で。。
最後にブレーキレバーとグリップを元に戻せば完了です!

-カスタマイズ
-

関連記事

コグ交換

コグを交換する場合は主にギヤ比の変更をする時に交換します。 クランク側のチェーンリングを変更してもギヤ比は変えられますが、比較的安価で購入できるコグの交換が一般的です。 今より重くしてスピードが出るよ …

ブレーキワイヤー2本引き加工

ブレーキレバー1つで前後のブレーキがかけられるようにするカスタムをしていきます。このカスタムは見た目をスッキリさせるだけなのでブレーキ性能を重視する方にはおすすめできません。 今回はお好みのブレーキレ …

ハンドル交換

ハンドル交換

ピストカスタムの第一歩!ハンドルを交換して見た目、乗り心地など大きく変化するカスタムの一つ。 トリック系、ストリートな雰囲気を出したければライザーバーに、スピード重視ならドロップやブルホーンなどがおす …

ブレーキのカスタム

ブレーキのカスタム

ピストバイクに興味がある、好きな人は何と言っても「シンプルさ」だと思います。ブレーキレバーやブレーキキャリパーが無い走るだけに特化したフォルムは美しいですよね。 しかし、公道を走る時は前後ブレーキは装 …

ハンドルカット

ハンドルカット

言葉のとおりハンドルを切断することです。ハンドルの両端を切断してハンドル幅を狭めるカスタムになります。 見た目ではとてもシンプル&スタイリッシュになるのでシンプル思考の方に人気です。さらにすり抜けしや …