fixedstyleロゴ

ピストバイク初心者 パーツやトリック、カスタムのことなら【Fixed Style】

トリック

バック系トリック

投稿日:2011年9月3日 更新日:

バック系トリックとは?

その名の通り、逆方向にペダルを漕いでバックするトリック。 固定ギヤならではの楽しさが体感できるでしょう!
なかなか最初はうまくバランスが取れず、不思議な感覚なので何度も練習あるのみです!

ピストのセッティングはシートは高くもなく低くもなく、ギヤ比は低め、がやりやすいと思います。

バックワードサークル

トリックデータ

難易度

必須スキル

  • スタンディング

解説

バック系トリックの基本「バックワードサークル」。バックしながら一方向に回り続けます。
スタンディング状態からスタートするのでまずはスタンディングがしっかり出来ていないと難しいでしょう。

まずスタンディングを安定させます。
スタンディングでハンドルを切った方向に回っていきます。
左に切っていたら時計回り、右に切っていたら反時計回りになります。
トゥクリップははめる事が必須ではありませんので怖かったらはめなくてよいです。

安定したら後ろにあるペダルの方で踏み込みます。
車体の角度は基本内側寄りに倒しましょう。外側に傾いてしまうとほぼ失敗してしまいます。
外側に傾いた場合バランスを取ろうとハンドルを逆に切るのでうまくいけば逆回りになる、またはハンドルを切り過ぎてスライダーもどき(フロントタイヤでスキッド)になってしまいます。
どちらにしろきれいなバックワードサークルではないので内側に傾けることを意識しましょう。
逆に内側に切り込みすぎるとフロントタイヤが加速して外側に逃げようとします。
これはバランスを保ちつつハンドルを直進方向に戻そうとすれば安定ある軌道に戻れます。

一番の難関はペダルが垂直の位置に来たときです。ここから先がなかなか進まない方が多いと思います。
この時、腰が浮いて重心移動で車体を送ろうとしがちですが、それをしてしまうとなかなかシートに戻れなくなり 余裕がなく不格好に見えてしまいます。
コツはしっかり腕を張り、腰が上がらないように抑え付けペダルを漕ぎます。重心はリア側に来るよう意識し、軽くガニ股になって漕ぐとやりやすいと思います。

上手な人にの動画などを見てもしっかりシートに座っていますよね!後ろ重心、内側に傾け、視線は下を見ないで前を見る!これを抑えれば上達は早いと思います。
円を大きく描くようなれればフェイキーや他のトリックにも応用しやすくなるので慣れてきたら練習してみて下さい。

-トリック

関連記事

フロントアップ

フロントホイールを浮かせるトリックです。フロントリフト、フェラーリなどといろいろな呼び方をされています。 主にスタンディング状態からフロントホイールを少しの間浮かせて落とす。というような動作がフロント …

スキッド

回転するペダルを無理やり止めることで後輪をロックさせて滑らせるトリックのことです。俗に言うドリフト的な技のこと。パフォーマンス的要素やブレーキにもなる、すぐにでもマスターしたいトリックといえます! 原 …

スタンディング

ピストに乗ったまま足をつかずにその場で止まり続けるトリックです。ピストのトリックで基本となる重要なトリックの一つです。まずはこれが出来ないと他のトリックは出来ないと言っても過言ではないでしょう。スタン …