fixedstyleロゴ

ボトムブラケットの規格や種類、選び方などのことなら【Fixed Style】

パーツ

ボトムブラケット(BB)の基礎知識

投稿日:2010年4月20日 更新日:

ボトムブラケットとは?

ボトムブラケットとはクランク軸をスムーズに回転させるためにベアリングが内蔵されていて、なおかつクランク軸をフレームに固定する役目を持っています。

ボトムブラケットは略して”BB”と呼ばれることがあります。

種類

カップ&コーン式

カップ&コーン式
カップ&コーン式

昔から使われているボトムブラケット。クランク軸と一体になったコーン、ボール、カップ、ロックリングで構成されています。コーン、ボール、カップが合わさってベアリングの役目をします。分解できるので洗浄やグリース注入などができます。

カードリッジ式

カードリッジ式
カードリッジ式

クランク軸、ベアリングなどが一体となっているボトムブラケット。取り付けやメンテナンスが容易にできます。

規格

規格 シェル幅 ねじサイズ ねじ方向(右側) ねじ方向(左側)
ISO、JIS 68mm 1.37インチ×24T 左ねじ 右ねじ
イタリアン 70mm 36mm×24T 右ねじ 右ねじ
オーバーサイズ 73mm 1.375インチ×24T 左ねじ 右ねじ

フレームにボトムブラケットを取り付けるボトムブラケットシェルという筒があり、3種類規格があります。それぞれ互換性はありません。

軸長

クランク軸の両端の距離のこと。クランクにはそれぞれ指定の軸長が決まっています。軸長を合わせないと正しいチェーンラインが出ず、チェーンが外れやすくなったりして危険です。

クランクとクランク軸の連結方式

四角テーパー(スクエアテーパー)

スクエアテーパー
四角テーパー

クランクの連結部分が四角でテーパー状の形をした連結方法。 JISタイプ、ISOタイプと2種類あります。ピストでよく使用されているタイプです。

オクタリンク

クランクの連結部分が8歯のスプライン形状になっている連結方法。シマノ製のクランクの一つでV1、V2と2種類あります。

V1タイプ
オクタリンクV1
V1

スプライン部分の長さが短いタイプのオクタリンク。

V2タイプ
オクタリンクV2
V2

スプライン部分の長さが長いタイプのオクタリンク。

ISIS

ISIS
ISIS

クランクの連結部分が10歯のスプライン形状になっている連結方法。

ボトムブラケットの選び方

基本的に使用したいクランクを決めてからその規格にあったボトムブラケットを選ぶとよいでしょう。その際フレームのシェル幅を間違えないように!

-パーツ

関連記事

ヘッドセットの基礎知識

ヘッドパーツと呼ばれることもあり、フレームのヘッドチューブの上下に取付けられる部品で、フレームとフォークを連結します。ヘッドセットにはベアリングが付いており、ハンドル操作を円滑にする役目もあります。 …

チェーンリングの基礎知識

チェーンリングとはクランクに取り付けるスプロケット(歯車のようなもの)のことです。ギヤ比を決める一つとして重要なパーツになります。 チェーンリングの歯数は42~55歯あたりまで使われています。チェーン …

タイヤの基礎知識

クリンチャータイヤ クリンチャータイヤとは、ほとんどの自転車によく使用されているチューブとタイヤが別になってるタイヤです。 リムに引っかけて空気圧で固定されています。リムに引っかかっているだけなので脱 …

トゥクリップの基礎知識

トゥクリップとは、ピストのペダルに靴のつま先(トゥ)を固定するパーツです。これをペダルに付けて、ストラップと組み合わせて使用します。トゥクリップを使用すると、クランクの回転角度360°すべてにおいてペ …

シートポストの基礎知識

シートポストとは、シートチューブとシートをつないでいる部分のことです。シートポストがシートチューブに入る長さを変えることでシートの高さを調節しています。 シートポストのクランプ径は27.2mm、31. …